おすすめの育毛剤でフサフサな髪になれる!

男の人
このエントリーをはてなブックマークに追加

ストレスや出産の影響も

鏡を見る人

出産後の抜け毛を予防する

妊娠と出産は女性の一大イベントであると同時に、出産後は様々な体調不良に悩まされやすい悩みもあります。その悩みの1つとして知られているのが薄毛です。どのような理由で出産後に薄毛が進行しやすいか知って、それを回避するための知識を持っておくと役立ちます。出産後に薄毛が進行しやすいのは理由があります。それは女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンのバランスが、出産後は大きく減少するためです。赤ちゃんのためにこの2つのホルモンは多く使われますが、出産後は不要となるのでホルモンの量が大きく減少します。エストロゲンとプロゲステロンは、それぞれ毛髪の成長を促す役割があります。このためこの2つのホルモンが減少すると、薄毛が進行するのです。対策としてはまずストレスを溜めずに、生活習慣をゆっくりと取り戻すことです。また食生活でエストロゲンの生産を助ける、イソフラボンを積極的に摂るのも、産後の薄毛予防に繋がります。

実は増えている深刻な悩み

女性の薄毛の特徴は、多くのケースでは全体が薄くなる点にあります。つまり髪のボリュームダウンが平滑的に進むのが男性の薄毛との違いです。分け目やつむじが徐々に目立つようになり、ヘアスタイルにも悩むことが多くなります。実は女性で薄毛の悩みを持つ人は増えつつあり、女性専門の薄毛治療を行う医院や外来も同時に増えるなど、深刻な問題となっています。増加の原因は、食品や化粧品などに含まれる化学物質、女性の社会進出に伴うストレスの増加、パーマなどの髪を痛めやすいヘアケアが増えていることなどが原因と推測されています。一方で、男性ホルモンの影響が女性は少ないため、育毛ケアによる効果は男性よりも高いのも特徴の1つです。